2019-11-19
カテゴリトップ>シャトー・オー・ブリオン>CH.オー・ブリオン
シャトー・オーブリオン [2015]年(750ml)【赤ワイン】【フルボディ】
2015 Chateau Haut Brion / Bordeaux Red Dry
CH.オー・ブリオン

当該商品は自社販売と在庫を共有しているため、在庫更新のタイミングにより、
在庫切れの場合やむをえずキャンセルさせていただく可能性があります。

格付け ボルドー・メドック地区格付第1級(1855年)
A O C ぺサック・レオニャン
畑位置 ぺサック
畑面積 43ha
年間生産量 平均:約 10,000〜12,000ケース】出量の僅か45%のみがグラン・ヴァン
平均樹齢 36年以上
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン42%、メルロ50%、カベルネ・フラン8%
収 穫 全て手摘み収穫
醗 酵 ステンレス鋼の醗酵槽
熟 成 オーク小樽(新樽率:80%)で18〜22ヶ月間
諸処理 新鮮な卵白による清澄処理
タイプ 赤のフルボディ
特 徴 ボルドーの赤ワインの中でも、最も力強く洗練された野性をもち、黒い色調で、燻したような、ミネラル、葉巻の箱、黒土の香りと常に甘いブラックカシスのニュアンスに溢れ優雅さと調和を備えグラーヴらしい幅広いスタイルで、素晴らしい熟成能力で飲む者を楽しませてくれる魅力に溢れている。
また、豊かなタンニンがよく溶け込み濃縮味のある丸みがあるので、渋みの強い赤ワインは苦手と言う人にもスムースな飲み心地でお奨め。
料理
チーズ
牛ヒレ肉の網焼きバターソース、牛赤身肉のカツレツなど合う。
チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。
Rating:
100
Drink date
2024-2064
Reviewed by
Lisa Perrotti-Brown
A blend of 50% Merlot, 8% Cabernet Franc and 42% Cabernet Sauvignon, the medium to deep garnet-purple colored 2015 Haut-Brion is reticent to begin, languidly revealing crushed black cherries, ripe black plums and wild blueberries with sparks of cinnamon stick, cloves, nutmeg, espresso, unsmoked cigars, tapenade, crushed rocks and lavender. The full-bodied palate possesses wonderfully complementary contrasts of bold black and blue fruit richness and delicately nuanced cherry fruit, baking spices and floral accents, strutting ripe, finely pixelated tannins and seamless acidity that is placed firmly in the background, finishing very long and with plenty of attitude. This impeccably poised, exquisitely perfumed 2015 Haut-Brion possesses the most alluring yet seemingly effortless beauty. While it bears only a passing resemblance in its opulent personality to the now legendary 1989, like that vintage the 2015 cannot fail to hedonically satiate and intellectually edify all lovers of great Bordeaux who drink it. What’s more, it also has the blue-blooded tenaciousness to remain this jaw-droppingly impressive, throughout its many guises over time, and for a very, very long time.
Issue Date
22nd Feb 2018
Source
Interim Issue Mid-February 2018, The Wine Advocate
引用 WINE ADVOCATE
セカンド バアン・オー・ブリオン】ル・クラレンス・ド・オー・ブリオン(2007〜)

シャトー・オー・ブリオン

ワイン アドヴォケイト 100
CH.オー・ブリオン 2015年


 CH.オー・ブリオンは、グラーヴ地区のペサック村に所在し、1550年に始まる古い歴史を持ち、1855年のメドック地区格付け制定の際、メドック地区外でありながら、ラトゥール、マルゴー、ラフィット・ロートシルトとともに第1級に格付けされた唯一のシャトーです。

既に、17世紀には畑の名前の「オー・ブリオン」で販売されボルドーだけでなくイギリス市場においても大人気を博していましたが、フランス革命の嵐に巻き込まれ、他の多くのシャトーと同じく革命政府に没収され、国有財産として競売にかけられ、何人もの所有者の手を渡り、1800年代後半にボルドー一帯がフィロキセラ虫害とベト病の自然災害に襲われ、大半のブドウの木の植え替えを余儀なくされるなど、長く不遇な時代をすごします。

1935年5月13日アメリカ人の銀行家のクラランス・ディロンに売却され、以後、現在までディロン家が所有し、伝統を再建し、大いなる革新をもたらし、CH.オー・ブリオンの名声を復活させています。

初代クラランスの孫娘であるムシィ公爵夫人ジョアン(最初の夫のルクセンブルグ公国のシャルル皇太子と死別後、ムシイ公爵との再婚)の1974年取締役に就任により、選別基準を厳しくし、セカンドへ回されるブドウが増え、また、シャトー運営の全権限を与えられたジャン・デルマの素晴らしい才能も大きく影響し、オー・ブリオンの品質がかなり改善されます。

1980年代に収穫が非常に豊かになり始めると、CH.ペトリュスと同じように、ブドウの房を切り取ることで収量制限をし、よりいっそうの優れた凝縮味と驚異的な品質のワインを誕生させています。

第1級のシャトーの中では、最も外交的で軽い味わいとみなされているが、実際には軽いのでなく、単にオークの個性があり肉付きがよく、メドックのタンニンの多いタイプのワインや、よりソフトでメルロの比率の多いワインとは異なっているということだけなのです。

早熟するにもかかわらず、30年かそれ以上熟成を続ける能力ももっており、他のいかなる第1級シャトーよりも飲み頃である期間が幅広いことなのです。
(・・・詳細&一覧




WA 100
価格
89,000円 (税込96,120 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1日〜2日以内に発送予定。(土日祝除く)
残りあと6本です
個数
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く