2019-02-04
カテゴリトップ > 掛け軸を通販で! > 用途・図柄・絵柄で選ぶ > 横山大観・上村松園など●巨匠の掛け軸
掛け軸 川合玉堂 『雙鶴』 送料無料 【掛軸】【半間床】【松竹梅鶴亀】


この作品は、岩の線などに狩野派を見せ、首が比較的短いところから、雅邦風の鶴と言えます。しかし、大いに雅邦と違うのは、太く淡い線で描かれた鶴の豊かな体躯です。これは雅邦の懸椀直筆(筆を立てて描く)でなく、筆の腹も自由に使う四条派の用筆によっています。雅邦はなお雪舟風のやせた鶴を描いていましたが、ここで玉堂は、ゆったりと肥った新しいタイプの鶴を描いているのでしょう。持ち上げて力を抜いている一羽の右脚は、他の三本と不同のバランスを保ち、この巧みさは言うまでもなく観察と写生が基本となっています。紹介文:(C)掛軸堂画廊<禁転載・禁改変流用>

【床の間サイズ02】【複製作品】

※各アイコンの意味は、こちら

画 題 雙鶴(そうかく)
寸 法 丈:182cm×幅:48cm
作 家 川合玉堂(かわい・ぎょくどう)

◆この作家の作品一覧はこちら◆
略 歴

ページ上(↑)をご覧下さい。

体 裁

【表装】本表装
【本紙】和紙
【天地】綿支那翔
【中廻】箔入貴船緞子
【一文字・風帯】 一文字、金襴
【軸先】花林
【箱】柾目桐箱
【版式】多色刷美術印刷

特 記

複製作品
(原本所蔵:個人)
※原画を忠実に再現していますが、ウェブ上では色彩が多少違って見える場合がございます。また、表装の裂地(きれじ)は特織謹製しておりますが、万一品切れの場合は、類似模様の裂地にてお仕上げいたしますので合わせてご了承下さい。


↑掛け軸を大切に保管する専用桐箱に収納してお届けします。

全国送料無料!郡部・離島など、一部地域でも追加料金は頂きません!ご安心ください。



お客様の声床の間写真・我が家のアルバム
↑クリックすると、それぞれのコーナーをご覧いただけます!↑

【BUN】


文化勲章受賞、優雅な色と形を
描き出す、近代美術の巨匠



● 川合玉堂 画伯 略歴 ●

明治6年愛知県葉栗郡に生まれる
明治14年一家で岐阜市に移住、筆墨紙商を営む
明治20年京都の望月玉泉に入門、数回通い模写など稽古に励む
明治23年第3回内国勧業博覧会に入選、褒状を受ける
明治24年濃尾地震で父を失い、京都へ移住
明治28年第4回内国勧業博覧会で三等銅牌を受ける
明治31年雅邦に従って日本美術院創立に参加する
明治40年東京勧業博覧会審査員となり、「二日月」一等賞を受ける
大正4年東京美術学校教授
大正5年第10回文展「行く春」(重文)
大正6年帝室技芸員
大正8年帝国美術院会員
昭和10年第9回淡交会「峰の夕」
昭和11年帝展再改組に反対、東京美術学校教授等の辞表を提出
昭和15年紀元2600年奉祝展「彩雨」出品、文化勲章を受賞する
昭和19年西多摩郡に疎開永住
昭和22年この頃、「渓村春麗」を描く
昭和25年第1回無名会にて「吹雪」出品
昭和29年第3回雪月花展にて「月天心」出品
昭和32年心臓喘息のため逝去、正三位勲一等旭日大綬章追贈

掛け軸・日本画壇に名を連ねる『巨匠』の作品を美麗に複製
価格
88,000円 (税込 95,040 円) 送料無料
通常3〜7営業日以内に出荷予定
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便