2019-11-19

【東郷織物】
本場大島紬着尺
〜草木染・五倍子〜
「ポツ絣」
名門の重宝柄!
絹100%
長さ約12.9m 内巾36.5cm
東郷織物オリジナルの証紙がついております。
◆最適な着用時期 10月〜翌年5月の袷頃
5月下旬〜6月、9月〜10月上旬の単衣頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません。

◆着用シーン 街着、ショッピング、お食事、行楽などのカジュアルシーンに。

◆あわせる帯 名古屋帯、洒落ものの袋帯


雑誌掲載も多い、東郷織物ブランド…。
現代的なアート性を感じさせる絣意匠を手がけていらっしゃる名機屋さんでございますが、このたびご紹介するお品はその中でも大変重宝のポツ絣を一面に織り上げた、≪本格派≫無地大島紬。

宮崎県都城、東郷織物謹製の特選本場冬大島紬をご紹介いたします。

東郷織物は昭和22年に、東郷治秋・永江明夫のふたりによって創業されました。
今回ご紹介する大島には、「冬大島 みじん格子」と書かれた東郷織物オリジナルの証紙がついており、永江明夫の「明」という落款が入っております。

お色は穏やかな絹鼠色を基調にして、
一面にポツ絣を織りなしました。
まろやかな中にも品ある洒落味を感じさせるお色です。

鹿児島や奄美といった大島の産地に負けず劣らず、都城の東郷織物は、織物の通に根強い人気がございます。東郷織物の大島は、一般的な呉服の展示会などでは、絣柄で50万円以上、凝った意匠のものですと100万円近くで販売されると聞いたことがありますので、知る人ぞ知る、着こなし上級者の織物と言えましょう。

織物の目利きの方には必ずやご納得いただける、またお着物初心者の方にも長くご愛用いただけるお品です。

この機会をお見逃しないよう、お値打ちにどうぞ!


<永江明夫>

大正4年:奄美大島生まれ
昭和54年11月:現代の名工に選ばれる
昭和60年11月:都城市、市民文化賞授賞
平成9年11月:宮崎県、県文化賞授賞
平成10年11月:黄綬褒章授賞

お仕立て料金はこちら
地入れ2,160円+※胴裏4,860円〜+紬八掛11,270円+海外手縫い仕立て19,500円(全て税込)
※国内手縫い仕立て
「大島紬・結城紬」+25,500円(税込)「左記以外の紬」+15,000円(税込)



胴裏の価格について
身丈について
商品加工をご要望の場合はこちら
(地入れ)


※お仕立てご用命の際は、一度お手元でお色、風合いなどご確認頂いた後、Web集荷依頼サービス(無料)にてご返送ください。

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[A5G117736]-[TP:枦]-[PS:松野香]-[CH:中村浩]-[文責:中村浩]-[1129018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

 
価格
298,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
発送日目安:A:通常(1日から3日後)
残りあと1点限りです
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く