2019-02-06
カテゴリトップ > 測定用品【メーカー別】 > 測定用品【メーカー別】 > さ行 >  > 杉崎計器
杉崎計器(CEDAR) DI-12-SL15 すべり出しトルク検知器 [測定範囲:0.30〜15.00N・m]

すべり発生を高精度で捉え、そのトルクを測定します。

増し締め試験を行ない、締まっている点からすべり出す点(1〜3%)をキャッチ。トルク値を判断します。

商品の特徴
  • モーター駆動で滑らかな締め込み作業を行ないます。判定するとモーターはストップしますので、増し締め試験にありがちなオーバートルクや緩めトルク検査の締め直しの必要がありません。
  • 締まっているねじのトルク測定 トルク曲線の作成 (破断トルク・限界トルク・降伏点トルクの測定など)

製品仕様
測定範囲 0.30〜15.00 N・m
精度 ±0.5% (200digit以下±1digit)
表示 LCD4桁デジタル表示
測定方向 CW-CCW (右・左方向)
測定モード P-P(ピーク)
荷重の最高値を保持します(30digit以上から表示)
破壊トルク(CW方向)、緩めトルク(CCW方向)の測定を行ないます。
T-R(トラック)
荷重変化によって表示が変化します。
P-D 判定モード
すべり出しトルクの判定、降伏点の判定を行ないます。(CW方向のみ)
検知判定 すべり出しトルク値を検知すると、緑ランプ点灯で知らせます。 (JUDモード時)
測定開始値設定 測定を開始(判定演算の開始)する値を設定します。
リアルタイムデータ
出力
PP及びJUDモードで測定中、一定時間ごとに負荷トルク値を出力します。
トルク波形を作成することにより、すべりトルク・降伏点トルク・破壊トルクなどの軌跡が判定できます。
オートパワーオフ 10分間放置後 電源OFF
ビット嵌合口 □6.35
データ出力 アスキーフォーマット(ボーレート9600) 測定結果を出力
外形
寸法
検出部 φ55×270
表示部 166(W)×142(D)×48(H)
重量 検出部 約1.4kg
表示部 約1kg
付属品(各1個) 検査成績書、校正証明書、トレーサビリティ体系図


締められたネジのトルク値を測定
価格
257,000円 (税込 277,560 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
受注生産品に付き発送まで3週間程度
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く