2020-01-13
カテゴリトップ>インテリア雑貨>インテリア・家具
仏像 愛染明王(あいぜんみょうおう ) ミドルサイズこの商品は代引きのご利用できません。

人びとの愛欲こそが悟りにつながると教える愛染明王。なんとしても煩悩を調伏しようとする強い意志(=愛)が憤怒の形相と朱に染まる姿となって表れています。もともとは国家鎮護や戦勝祈願の仏ですが、庶民の間では恋愛成就のご利益があるとして信仰を集めました。 頭上に悟りへの決意の固さを示す五鈷鉤(ごここう=五つのカギ)をつけた獅子の冠を戴き、悟りの智慧が詰まる宝瓶に咲いた蓮華の上に結跏趺坐をするという独特の姿が特徴です。モデルは西大寺(奈良県)愛染堂の本尊で秘仏の重文「愛染明王坐像」。鎌倉時代の名仏師・善円が宝治元(1247)年に制作した像です。運慶様式を踏襲しながらも、美しく整った衣文の線や誇張しすぎない上品な容貌などに独自の作風を感じさせ、わずか30センチ強の小像ではありますが、高い技術と工夫が見られます。秘仏であるために造像当時の彩色や截金が色鮮やかに遺されており、朱の強い色が目を引きます。

■高さ:約30.5cm 横幅:約20cm 奥行:約14.5cm 重量:2.3kg 材質:ポリストーン
送料無料













朱に染まる鎌倉期の秘仏。

価格
90,000円 (税込97,200 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
店舗営業日1〜3日後
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く