2019-02-03
カテゴリトップ > BUZZ RICKSON'S FLIGHTJACKET > LEATHER
No.BR80447 BUZZ RICKSON'S バズリクソンズ
AVIATION ASSOCIATES
LEATHER COAT,MACKINAW
身 幅 肩 幅 着 丈 袖 丈
36 52cm 44cm 70cm 61cm
38 55cm 46cm 73cm 63cm
40 57cm 48cm 76cm 64cm
42 59cm 51cm 78cm 65cm
 
※当店で扱う商品の中には非常にデリケートなパーツを使用しているものがありますので、取扱いにはご注意下さい。
※商品の写真はお使いのディスプレイによって実物と若干色が異なって見える場合があります。
※商品は実店舗でも並売しているため、売り切れの際は御容赦下さい。
※サイズ表記について商品の性質上、同商品でも誤差がございます。サイズ一覧はあくまで目安としてお考え下さい。
※当店で取り扱っている商品の中には数年、十数年前の商品がございます。取扱いには十分注意しておりますが経年による若干の変化がある場合がございます。レザーは鞣しや元々の傷、色ムラ、シワなどが見られますが商品の特性して予めご理解下さい。





INFORMATION
軍のコントラクターであったバズリクソンズが民間向けにリリースしたという幻のジャケット群で人気の高いアビエーションアソシエイツシリーズ。当時の軍の官給品にはない非常にクラシカルでバズリクソンズ・スピリットが凝縮された渾身の一着を是非体験していただきたい。
飛行服関連の資料を探っていると、1910年代から20年代にかけての飛行士は革製のコートを身に纏っている。ライト兄弟が1903年に大空を手中に収めてから、その代償として寒さに耐えられる重厚な革のコートが必要となった。飛行機と同時期に普及し始めたオートバイや車(当時はオープンカー)用のレザーコートやゴーグルが、飛行用にも活用できた。この頃イギリスやアメリカで飛行士のための衣料というカテゴリーで総合カタログにも掲載され、レザーコートにはアビエーターのための衣服という見出しが見られた。
より速く、より高く飛ぼうと試みた男達にとっては防寒対策も重要で、動き易く腰が隠れるコート型が必然であった。
このレザーコートは陸軍で採用されたマッキーノコートがベースで、第一次大戦頃からの名残であるショールカラーを用いたクラシカルな佇まいが特徴であり、縫製後に職人の手によって後塗りされたコートは、この手法特有の色斑が魅力であり一着一着異なる表情を見せる。

ITEM SPEC
MATERIAL Vegetable Tanning Bronco Hide Aniline Hand Finished
LINING Wool Check
KNIT PARTS Special Wool Recessed Wristlet
BUTTON Ivory Nut
LABEL Aviation Associates
《送料無料/BUZZ RICKSON'S/アビエーションアソシエイツ》
価格
188,000円 (税込 203,040 円) 送料無料
▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
SIZE × COLOR
  36384042
119)BLACK
1〜3日以内に発送

1〜3日以内に発送

1〜3日以内に発送

1〜3日以内に発送
×・・・売り切れ
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便