2019-10-16
カテゴリトップ>オーディオアクセサリー>ノイズリダクション】プロセッサー
SPEC スペック リアルサウンド・プロセッサー  RSP-701 (2台1組)

スペック リアルサウンド・プロセッサー RSP-701 (2台1組)

「音楽表現の未体験ゾーンへ」
RSP-701はこれまでの趣味性の強い音質改善用オーディオアクセサリーとは次元が違います。お手持ちのオーディオ機器に接続すれば、サウンドが一変します。音楽表現の飛躍的な向上はまさに未体験ゾーン。きっと「今まで聴いてきたオーディオシステムは一体何だったんだろう」という不思議な驚きを感じていただけることでしょう。                        


【主な特長】

■音楽の情報量、躍動感、立体感、空気感が向上
RSP-701をスピーカー端子に接続すれば、音楽の情報量が増加し、ダイナミックレンジが拡大したような豊かな躍動感、音が飛び出してくるような3D的立体感、眼前に演奏者の熱気や息遣いを感じるような空気感が再現されます。
■インピーダンス変動を補正、逆起電力を吸収
アンプとスピーカーはお互いに影響を及ぼしあっています。
音楽信号の変化はスピーカーのインピーダンスを変動させます。単音ではなく、複雑なスペクトラムを持つ音楽信号をアンプがスピーカーに送るとき、このインピーダンス変動はアンプにとって厄介な負荷となります。特に音楽の倍音成分を多く含む高域におけるインピーダンスの乱れは、原音に忠実な音楽再生の妨げになるのです。
またスピーカーのボイスコイルから発生する逆起電力はスピーカーからアンプに回帰し、アンプ内部で位相遅れを発生させます。特にノンリニアな半導体の特性を補完するためのNFB(負帰還)回路が不可欠であるA級、AB級等の半導体アンプにおいてはそれが顕著です。
インピーダンス変動の乱れや、位相遅れがもたらす音楽信号の時間軸上の源信号との差異は、結果的に躍動感の欠如した音楽、平板な音場、薄めの音色となり、それがリアルで自然な、そして心地よい音楽再生とは程遠いものとしていたのです。
RSP-701はこの音質に有害なインピーダンス変動を補正し、逆起電力を吸収します。その結果、アンプとスピーカーはお互いの影響力から脱し、アンプがスピーカーを駆動するという本来の役割分担に戻るのです。
■楽器にも使われているスプルース製ケースを採用
RSP-701は、当社のリアルサウンド・アンプRSA-888でも使われているスプルース材の木製ケースを採用しました。スプルースはチェロやヴァイオリンのような弦楽器にも使われる、柔らかくて響きの豊かな材料です。
■接続方法
本機の接続端子とスピーカーの入力端子をスピーカーケーブルで接続するだけです。スピーカーケーブルはできるだけ短いものを使用し、スピーカーシステムの近くに設置してください。
【バイワイヤリング端子を備えたスピーカーシステムの場合】
バイワイヤリング接続の場合には、スピーカーシステムの中高音用入力端子に接続してください。さらに効果を高めるためには、RSP-701を2セットお使いになり、中高音用と低音用それぞれの入力端子に接続して下さい。

【仕様】
スピーカーの適合インピーダンス:10Ω以下が望ましい
アンプの最大出力:1kW以下が望ましい
外形寸法:100mm( 幅)×47mm(高さ)×117mm(奥行)
質量:約 260g
梱包内容:2台1組


「音楽表現の未体験ゾーンへ」
価格
81,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
2〜5日以内に発送予定(土日祝除く)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く