2019-02-03

【its】古典笛師 玄翠作「能管」 ※東近江の旧家から譲り受けた貴重な煤竹で手間を惜しまず仕上げた逸品。
【おすすめポイント】
●無形文化財保存技術伝承者である京都山田家 六代目楽匠 山田英明氏に師事し、古来よりの伝統技法を忠実に継承再現する古典笛師として活躍されている”尾本玄翠”氏作の能管です。
全国で流通する量産品にはない、非常に手間のかかる古来技法と音へのこだわり。いにしえのロマンを感じさせるふくよかなデザインと豊かな鳴り。経験の浅い方でも息の入りやすい大きさと造り、まさに生涯の友として長くご愛用いただける逸品です。

●琵琶湖のほとりの工房で、近江湖東地方にて150年〜200年近く経った旧家から譲り受けた大変貴重な最高級の”煤竹”を使い、笛の内面にも手間を惜しまず何層にもわたる入念な下地漆を施しています。

●独自の黒紫色の籐巻きの上に、黒漆を塗り、ふくよかで優美な姿に仕上げています。

●蝉は紫檀彫り、頭端には獅子の銀栓を納めています。(別途42,000円にて家紋の製作も特注可能)

●管径も標準的なサイズで初心者でも息が入りやすく、高音・低音のバランスが取れて遠音のする笛です。

●調子(ピッチ)は、関西仕様です

【商品情報】
◆商品名 玄翠作 能管(のうかん) 自作の袋・桐箱付き
※黒漆仕上げ
◆商品の状態 新品(袋・桐箱付き)
◆その他 ※最高級の材料と技法で時間と手間を惜しまず入念に製作している作品のため、仕上がり品がある場合もございますが、ない場合は製作状況により仕上がりまで1〜4ケ月いただきます。
事前に納期をご確認のうえ御注文頂きますようお願い申し上げます。

※画像の能管は作品の一例を撮影しております。作品は全て最高の材質・技法にて魂を込めて製作されており、品番によるランク付けや価格差はありませんが、自然素材のため節などにわずかな固体差が生じます。ご紹介の画像はそのうちの一例とご理解下さい。

価格
370,000円 (税込 399,600 円) 送料別
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便