2020-01-04
カテゴリトップ>トランペット本体 価格別検索>250,000円〜299,999円>Bb トランペット
【Bob Reeves Alignment】
YAMAHA YTR-8340EM
【Bb トランペット】



Bob Reeves(ボブ・リーブス) バルブ・アライメント(調整) の特長
・楽器の性能を高め、耐久性の良さやピッチの改善、性能の良さの持続力を高める。
・バルブ・アライメントで唯一特許認可を受けた独自のシステム。
・誤差±0.001インチ(0.0254mm)までにする精度の高い調整。
・25年間にわたるバルブ調整の経験と実績がある。
・水分、油などで誤差が生じにくくなる独自開発のピストンボタンパッドを使用。


Bob Reeves(ボブ・リーブス)がバルブ・アライメントを思い立つまでの経緯
頼ってくるプロフェッショナル・オーケストラ プレイヤーやスタジオミュージシャン達との仕事上の交流を通して、ボブリーブスは20数年も前にバルブ・アライメント(調整)の重要性を発見。やってくるミュージシャン達は、しばしばマウスピースの調整にと、月に数度も工房を訪れその足で仕事場に向かうことが多かったのです。

ボブリーブスはかつてBenge(ベンジ)の工場で楽器製造におけるあらゆる工程で仕事を任される希少な職人の一人でもあったので、どうしてトッププレイヤーらがかくも足しげくマウスピースの調整に通ってくるのであろうかと、自問自答をしてみた。トッププレイヤーらの協力を得て数々の研究調査を行った結果、適正なバルブ・アライメントは楽器の性能を持続的に発揮させるのに大きな鍵の一つであることをつきとめた。

一般的に良く使われている楽器のバルブを調べた結果、ある楽器には0.15インチ(約3.81mm)の誤差、そのまたある楽器には0.20インチ(約5.08mm)もの誤差があることを発見。

普通に考えてみても、例えばMボアは0.453インチ(約11.51mm)で、MLボアは0.459インチ(約11.66mm)。その違いはわずか0.06インチ(約1.524mm)。たった0.06インチの違いでもプレイヤー達にはよくわかるのに、楽器の個体差を調べてわかったこの0.05インチの誤差は、ボブリーブスにとっては重要なことでした。大抵の楽器には製造過程で積み重なった許容誤差がある。各パーツの典型的な許容誤差はおおよそ0.05インチ(約1.27mm)程である。

例えばの話、ピストンボタンが0.250インチ(1/4インチ)だったとして、0.05インチの許容誤差が生じたとすればそれは0.245インチだったり、0255インチだったりするが、そうであっても工場出荷前の検品をパスしてしまう。そのうえ、ピストン軸が0.03インチ大きめ、スプリングバレルが0.02インチ短め等等、そういう風にしてバルブが組み立てられたとしたら、バルブの許容誤差が0.20インチから0.40インチ、あるいはそれ以上になる!

マウスピースの調整に工房を訪れたトップ・プレイヤーたちで、ボブリーブスの工房でバルブアライメントを済ませた人々は、どの音域においても均一的に楽器が良く反応し、音程も良くなり、鳴りも良くなったことを知る事となったのです。

一流プレイヤーが最高級の楽器を数ある中から自ら選び抜いた一本だから、そういう筈はないと考える来客もいるが、ボブリーブスはこう応える:

ヨーロッパの最高級の車にも、専門のチューンナップ工場がいくつも存在する。それと同じく最高級の楽器であっても、ボブリーブス・バルブ・アライメントを行うのは、良い楽器をより良くすることに等しいのだ。
(Bob Reeves(ボブ・リーブス)ウェブサイトより抜粋)
ジャンルの枠を超えて…。エモーショナルな響きを引き出す綿密な管体設計。

スーパートランペッター エリック・ミヤシロの経験や知識、そして熱いこだわりに、ヤマハが技術で応えた渾身のシグネチャーモデル。細部まで徹底的に計算し尽くされた管体設計が、奏者の情感を音に伝えます。

エリック・ミヤシロ シグネチャーモデルYTR-8340EMは、ジャズ、クラシック、ポップスといったジャンルにとらわれることなく、あらゆる感情を表現できるエモーショナルなモデル。すべてのパーツやすべての構造に細部までこだわって製作されました。様々なボアサイズを組み合わせた特徴的なマルチボアにより、スムーズな息の流れを実現しています。軽快な吹奏感で、エモーショナルな艶のある音色が堪能できる1本です。

付属マウスピース
エリック・ミヤシロ シグネチャーモデルを付属。口当たりが良く、疲労しにくいリムを持つリードトランペッター向きのマウスピースです。
斬新な外観デザインはそれぞれの段も吹奏感を追求して計算、設計されています。

ベル
肉厚が薄く、口径の大きな一枚取りのイエローブラスベル(直径134.4mm)を採用し、瞬発力とパワーを兼ね備えたサウンドを実現しています。

ベル縁輪部
ベル縁輪部にはフレンチビードを採用し、奏者へのフィードバック増大を実現しています。
※フレンチビード=真円の縁輪を入れてカーリングする一般的な工法に対し、かまぼこ型の縁輪を入れ、その形状に合わせてカーリングする非常に高度な工法

サイドシーム
支柱や延べ座で振動を止める部分につなぎ目が来るサイドシームを採用。 より開放的な振動を得ています。
※サイドシーム=ベルの下側につなぎ目が来る一般的な工法に対し、つなぎ目を横側(バルブケーシング側)にする工法。

ピストン
真鍮製のピストンボタン、バルブキャップ、ボトムキャップを採用。形状を吟味したピストン軸も真鍮製です。

マルチボア
複数のボアが混在している「マルチボア」を採用。ピストンを押さない状態では、Mボアの楽器(YTR-8310Z(S)など)と同じ構成になっていますが、ピストンを押した時に息の流れがLボアの第1〜第3抜差管を通ることで、ピストンの抵抗感の差を少なくした独特なボア構成になっています。
※ボア=管の円筒部分の内径

指掛け
楽器の保持性の向上や音色・吹奏感にこだわり、3つの指掛け全てにO型リングを採用しています。

主管抜差支柱
独自の形状を持つ主管抜差支柱は、抵抗感や吹奏感の変化を最小限に抑え、微妙な音のツボ・当たりを向上させ、響きを整える働きがあります。

第三抜差ストッパーネジ
吹奏感の向上を追求し、くりぬき加工による軽量化を図っています。

専用付属ケース
YTR-8340EMの付属ケースとして開発された新規設計のリュック型セミソフトタイプケース。
YTR-8340EM本体に加え、フリューゲルホルンや他のトランペット等が収納できるダブルケースです。ポケットなどの収納も多く用意され、オリジナルマウスピースポーチも付属。


仕様
・Bb管トランペット
・イエローブラスベル
・マルチボア
・ゴールドラッカー
・ステンレス製ピストンバネ素材変更

付属品
・ヤマハ EM1 (マウスピース)
・ソフトケース
・バルブオイル/スライドグリス/ポリシングクロス



■ERIC MIYASHIRO
(エリック・ミヤシロ)
ハワイ・ホノルル生まれ。日系三世。
14歳でプロデビュー。以来、アメリカを拠点にBuddy Rich Band,Woody Herman Band等、数多くのビッグバンドでリードトランペッターとして活躍。1989年より拠点を東京に移し、音楽のジャンルを限定することなく、スタジオ活動をメインにTV、CM、ライブ、クリニック等、多様で多彩な活動をワールドワイドに展開中。

価格
297,000円 (税込320,760 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
通常3〜4営業日以内に発送予定
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く